脱毛は、よほど毛の量が少ない場合を除いて、たいていの場合1回で終わることはなく、平均的に1年?1年半ほど通うのが一般的です。

ですので、脱毛を受けてすぐ毛が生えてこなくなるかと言うとそうではなく、回数を重ねるごとに段々と自己処理が楽になり、最終的にムダ毛がほとんど生えてこなくなるのです。

だいたい施術後2?3週間もすればぽつぽつとムダ毛が生え始めます。

その為、脱毛期間中も自宅での自己処理は必要となり、その間に生えてきた毛に関しては自己処理を行うのですが、その際に絶対にしてはいけないのが『毛抜きを使って毛を抜いてしまう行為』と『ワックスを用いた脱毛』です。

なぜかといいますと、成長期の毛を無理やり引っこ抜いてしまいますと、その毛穴から次にまた毛が生えてくるまでの間は、その毛穴に光を当てても何も反応をしませんので、また生えてくるまで待たなければいけなくなってしまい、通う期間も延びてしまい追加料金が発生してしまうなんてことになりかねないのです。

それに加え、毛抜きやワックスでの脱毛は、毛と一緒に肌の組織まで抜けてしまい、お肌へのダメージもとても大きいですし、トラブルをおこしやすくなり、脱毛効果も薄れてしまうこともあります。

万が一、毛抜きやワックスで自己処理を行い、炎症や痛みなどの肌トラブルを起こしてしまった場合、脱毛サロンの脱毛機器が使用できなくなります。

これは、炎症など肌トラブルが起こりやすくなるからです。

少しくらい毛抜きを使っても大丈夫だろう、と安易な考えで毛抜きで処理をしてしまって、トラブルを起こしてしまったり、脱毛サロンから断りを受けてしまった、などということになってしまっては、美しくなるどころか通院を余儀なくされてしまう場合もあります。

ですから、ムダ毛が気になる場合はできるだけ自然に抜け落ちるのを待つのがベストなのですが、目立って恥ずかしい!と言う場合はムダ毛を根元から抜くのではなく、カットするだけの電気シェーバーや、カミソリを利用するといいですよ。

脱毛後のアフターケアには注意しなければいけない点がいくつかあります。

脱毛後のお肌は少なからずダメージを受けていますので、とても敏感でデリケートになっています。

ですから、きちんとアフターケアを行わないと肌トラブルに繋がりかねないのです。

とくに脱毛後のお肌に紫外線は敵ですので気を付けなければなりません。

なぜ紫外線がダメかと言いますと、脱毛後は肌が乾燥した状態になっています。

その乾燥したお肌に紫外線を浴びてしまうと、さらに乾燥してしまい炎症や痛みなどの症状が出てしまう場合があるからなのです。

紫外線対策として、日焼け止めクリームを必ず塗ってから外出すること、または帽子など紫外線を受けにくくする物を着用するようにしましょう。

また、脱毛サロンで施術の際に使用された光で刺激を受けている肌に、紫外線が当たってしまいますとシミや黒ずみになって跡が残ってしまうケースもあります。

脱毛中に日焼けをしてしまうと、脱毛効果が薄れる場合がありますので、脱毛を続けていきたい場合は日焼けには十分注意しましょうね。

脱毛を受ける時期も重要で、夏場は海水浴やプールなど外のレジャーも多く外出するだけでも大量の紫外線を浴びてしまいますので、紫外線の比較的少ない秋や冬などを選び、施術を受けるのも方法の1つです。

また、脱毛後の乾燥したお肌を守ってあげる為には念入りな保湿を怠らないようにすることです。

保湿用品の中でもなるべく低刺激の物を選ぶとベストです。

ボディクリームや、界面活性剤の使用されていない天然成分で作られた保湿クリームがいいでしょう。

脱毛サロンによっては、施術前にお肌の水分量を測るサロンもありますし、乾燥しすぎている場合は予約をしていても施術を受けさせてもらえず断られるサロンもあります。

せっかくキレイになる為にサロンに行くのですから、帰宅してからのケアを怠ったがために肌のトラブルを起こしてしまって通院する羽目になってしまったり、施術を受けさせてもらえなかった、なんてことのないように、紫外線に気をつけ、保湿をきちんとするようにしましょう。

女性なら誰もが気になるのが、顔のムダ毛ですよね。

顔にムダ毛があるだけで、なんとなく顔色もくすんで見えたり化粧のノリが悪かったりと、美意識の高い女性にとっては顔のムダ毛は敵だと思います。

かといっても、手足などのような太い濃い毛が生えているわけでもありませんので、自分でカミソリや電気シェーバーで処理している方が大半だと思います。

しかし、このカミソリや電気シェーバーでの自己処理を続けていると、色素沈着や、炎症や痛み・かゆみなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。

特にカミソリを使用しての処理はムダ毛だけでなく、肌表面を傷つけながら脱毛している、と言うのが正解でしょう。

確かに、自己処理はいつでも手軽にできますしコスト的にも負担は少ないのですが、安易に自己処理を続けていたがために肌トラブルをおこしてしまっては、キレイになるどころの話じゃなくなってしまいます。

ですから、脱毛はきちんとプロフェッショナルがいる脱毛サロンで施術してもらうことをおすすめします。

顔脱毛は、最近とても人気になりつつありますが、薄い皮膚を施術することになりますので、トラブルを避ける意味で顔脱毛自体を行っていないサロンもあります。

また、顔脱毛と言っても、顔全体を施術するわけではなく、もみあげ・えりあし・鼻下・ほほを、主な施術部位としているサロンが多いですので、自分がどの部位の脱毛を希望しているのか、自分の通いたいサロンに希望部位の施術コースがあるのかをきちんと事前確認しておくといいですよ。

きちんとした顔脱毛を受けることによって、お肌がグンと明るくなり、化粧のノリもよくなりますので、今までうまくいかなかったメイクも楽に行うことができるようになります。

また、老廃物が溜まりやすくなっていた毛穴が、ムダ毛がなくなることによって清潔な状態を保つことができるようになりますので、肌荒れやニキビなどが起こりにくくなり、キレイなお肌を維持することができるようになりますよ。

夏場になると特に露出が多くなり、ひじ下のムダ毛が気になりますよね。

せっかくオシャレをして着飾っていてもムダ毛や剃り残しがあっては台無しです。

自己処理で電気シェーバーなどで脱毛をしても、短時間ですぐ伸びてきてしまい、ちくちく不快感がしたり、何度も何度も処理を繰り返さなければいけなくて面倒に感じている方もいらっしゃると思います。

そこで、プロフェッショナルのスタッフが施術をしてくれる脱毛サロンでひじ下脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

まず、脱毛サロン選びのポイントとして、あまりに安価すぎるサロンを選ばないことです。

値段だけで決めてしまうと、効果が出にくかったり効果が出るまで時間がかかってしまい、何度も通う羽目になった、なんてことになってしまいます。

少しでもリーズナブルな料金で施術を受けたい場合は、キャンペーンなどをうまく利用できればいいのですが、なぜかひじ下はキャンペーン除外の場合が多いです。

他のパーツ+ひじ下のキャンペーンを施しているサロンもありますが、まだまだ少なく限られていますので、ひじ下だけ別料金で施術を受けることになり余計な出費になってしまった例も報告されています。

ですので、そのようなトラブルを回避するためにも事前に、ひじ下が含まれているキャンペーンがあるかどうかをきちんと調べておく必要があります。

ひじ下脱毛の平均的な回数は10回程度ですが、ひじのムダ毛って濃さに個人差がありますよね。

脱毛サロンで施術の際に使用される光脱毛の光は、黒いものに反応させ毛根にダメージを与える方法ですが、この光は成長期の毛にしか反応しない為、細めで薄い毛質の人は、なかなか効果が現れにくく、通常より時間がかかってしまう場合があります。

しかし、安易な自己処理でカミソリ負けや赤み・湿疹などの肌トラブルを起こしてしまうよりは、きちんとした脱毛サロンで脱毛を行う方がお肌の負担も少なく、脱毛効果も得られることは間違いありませんので、ぜひ、プロの脱毛を受けられてみてはいかがでしょうか。

最近では、オシャレや美容に興味を持ち始める年齢がだんだん若年玲化しつつあり、小学生でも自分で化粧をする時代になってきました。

そんな美意識が高くなる思春期の年齢だからこそ、体のムダ毛を気にしたり、または他人のムダ毛を非難したり、からかったり、ムダ毛が恥ずかしく感じるお子さんが増えてきています。

そんなお子さんでも脱毛サロンで施術を受けることができるおススメの方法として『ハイパースキン脱毛』という方法があります。

脱毛と聞くと、痛い!というイメージがあると思いますが、このハイパースキン脱毛は他の脱毛方法と違い、高出力や高熱を用いて乳毛頭を破壊する方法ではありませんので、痛みはなく、炎症や湿疹などの肌トラブルも起こりにくいですので、お肌へのダメージもとても少なくお子様でも安心して受けることができます。

脱毛サロンの主な施術方法である光脱毛が、成長期の毛にしか反応しないのに対し、ハイパースキン脱毛は、毛が抜けた後の毛穴、もしくは生えてくる前の毛穴にだけ反応し、脱毛器で毛を抜くというよりは『抑毛』と言った方が正解で、新しい原理の脱毛方法と言えるでしょう。

この脱毛方法に使用する光は、コラーゲンで肌を活性化させる働きがあり、繰り返し行ってきた自己処理の影響で乾燥してしまったお肌や、色素沈着やシミなどのお肌のトラブルも美しく健康な肌に戻してくれますので、がさつきなどに悩んでいた方でも潤いを取り戻すことができます。

もちろん、お子様だけでなくお肌の弱い大人の方でもこのハイパースキン脱毛を受けることができますので、肌が弱いから脱毛サロンでの施術は無理だと諦めてしまっていた方も、この方法なら問題なくムダ毛のないキレイなお肌を手に入れることができるでしょう。

従来の方法とは違い、休止期の毛穴に働きかける方法ですので、毛がぽろぽろ抜け落ちるような実感はありませんが、効果の出方は従来となんら変わりありませんので、お子様や敏感肌の方で脱毛を受けてみたいとお思いの方は、ぜひこのハイパースキン脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

脱毛が始まると、その後ムダ毛の処理はどうしたら良いのか分からない場合もあると思います。

脱毛は確かにムダ毛を処理するために行っているのですが、大体毛の周期に合わせて2?3ヶ月に一回というペースで通う事になります。

その間、全く毛が生えて来ないかというとそうではないのですね。

その間にもムダ毛は生えてくるし、だからと言って何も処理をしない訳にはいかないですよね。

冬なら長袖や長ズボンを履いて肌をかくす事が出来ますが、夏になると露出をする機会も増えると思います。

そんな時にムダ毛ボーボーというのは、女性なら耐え難いですよね。

なので、ムダ毛を処理するにしても、どうやって処理したら良いのか、ここで紹介します。

まず、気を付けなくてはいけないのが、脱毛3日前から前日には自分で毛の処理をしておかないといけないという事です。

昔なら脱毛期間中は一切毛を処理してはいけない、と言われていましたが、今多くのサロンで行われている光脱毛は違います。

脱毛する際に、毛が全くないツルツルの状態にしておく事が重要なのです。

なので、脱毛期間中にムダ毛の事を気にして、ファッションを楽しめない、なんていう事もなくなったので、嬉しいですよね。

でも、ムダ毛の処理をする際に一つ注意しておかなければいけない事があります。

それがムダ毛の処理方法なのですが、毛抜きで処理をするのは絶対に辞めてください。

なぜなら、毛抜きで処理をしてしまう事によって、毛根を傷つけてしまったり、脱毛効果が大幅になくなってしまうからです。

カミソリを使うのも一つの方法ですが、出来れば避けておきたいですね。

カミソリ負けをしてしまって、お肌が傷ついた状態になると、脱毛が不可能となってしまう場合があるからです。

一番良いのは、お肌に負担が少なく、確実に除毛出来る電気シェーバーですね。

ムダ毛の剃り残しがあると脱毛自体受けられなくなってしまう場合もあるので、前日までにしっかりと自己処理しておくようにしましょう。

エステや脱毛を受ける時に気になるのが、勧誘の事だと思います。

体験でエステに行ったのに、勧誘されて無理やりコースを契約させられた、なんていう事を経験した方はいないでしょうか?

昔は確かに、エステサロンなどはそうやって無理やり勧誘する事がほとんどで、そうやって痛い目を見た方も多かったと思います。

しかし、現代はそういった勧誘をしてくるサロンはほとんどありません。

その理由は現代人がインターネットを使いこなす、ネット社会だからです。

今は老若男女問わず、誰でも簡単にインターネットを使って自分が知りたい情報を知る事が出来ますよね。

もちろん、情報が溢れ返っているので、その中で何が正しくて、何が間違っているか、という事は自分で見極めなくてはいけませんが。

逆に、自分で情報を発信する事も可能です。

FacebookなどのSNSで自分の意見や考え、写真や文章を自在に投稿する事が出来る便利な世の中です。

なので、もしそういった極悪なサロンがあったとしたら、もうお分かりだと思いますが、すぐに悪い噂が広がってしまいますよね。

なので、そういう手法を使って悪い噂が立てば、サロンにとってもメリットがないので、まずそういう事はしない、というサロンがほとんどなのです。

特に大手サロンであれば、人気や評判を売りにしているので、そのような心配は100%ないでしょう。

もちろん、向こうも商売なので、様々なコースの案内はされると思います。

しかし、普通は一回こちらが断ればすぐに引き下がってくれるので、しつこい勧誘とは無縁だと思います。

もし運悪く勧誘が激しいサロンに当たってしまったら、自分にとってメリットもないので、この際別のサロンに変えてしまいましょう。

全国各地に評判が良く、優れた技術を持っているサロンはたくさん存在します。

そのサロン以外にももっと自分が納得できるサロンもあるので、探してみましょう。

せっかく脱毛をしに行くのなら、やはり気持ち良く行きたいですよね。

脱毛を受ける前と受けた後に特に注意する事って何でしょう?

やはり一番に挙げられるのが、紫外線です。

脱毛を受けるにあたって、紫外線や日焼けは一番の敵になります。

その理由として、紫外線を浴びる事によって、当然肌が日焼けをしてしまう事になりますよね。

日焼けをしてしまうと、お肌が軽い火傷の状態になってしまいます。

また、お肌が乾燥する事にも繋がってしまうので、脱毛をする際には絶対に日焼けをしてはいけません。

日焼けをしてダメージを受けたお肌で脱毛をしてしまうと、健康な肌では何の問題もないのに、日焼けをしたがために、お肌が何らかのダメージを受けてしまう可能性があります。

例えば、日焼けをした箇所に過剰に反応してしまったり、更に火傷を起こしてしまったりと、危険です。

日焼けをしたら人間の目には火傷していたり、乾燥をしているように見えないかもしれませんが、実は肌組織にはダメージがかかっているのです。

また、日焼けによって肌の温度も上がってしまっていたり、ほてっている場合もあると思いますが、こういった場合は、脱毛は避けるべきでしょう。

脱毛をして更に温度が上がってしまったり、こちらも火傷に繋がってしまう可能性があります。

あまりにもひどく日焼けをしてしまった場合は、肌の状態を見て、脱毛自体受けられない可能性もあるので、注意してください。

せっかく予約を取ったのに、脱毛が受けられない、日焼けが引くまで受けられないとなるとショックですよね。

自分が原因で脱毛を受けられない場合、こちらがキャンセル料を払ったり、予定を延期したりと、面倒に感じる事も多いと思います。

そうならないように、脱毛期間中は少なくとも日焼け対策を万全にしましょう。

また、特に脱毛施術前後一週間は紫外線と日焼けに気を付けるようにした方が良いです。

夏場は暑いかもしれませんが、長袖を着て、日傘や日焼け止めも使うようにしましょう。

綺麗なお肌を手に入れるためには、お肌の事を常に気遣うようにしましょう。

脱毛で特に痛い部分はワキとVIO部分

やはり初めて脱毛を受けようと思ったら、特に気になるのは痛みに関してだと思います。

脱毛をしたらどれくらい痛みを感じるのか、それは耐えられない痛みなのか?

多くの方が不安に思う事だと思います。

脱毛に関しての記事などを見ると、「痛みを感じる事があります」などと書かれている場合もあり、少し不安ですよね。

実際はどこの部位で一番痛みを感じるのでしょうか?

もちろん、どの部位を脱毛するにしても、毛に刺激を与えるので多少の痛みがあります。

しかし、特に痛みが強いと言われているのが、ワキとVIOラインです。

背中や手足に関しては、ほとんど痛みを感じる人はいないようですが、ワキとVIOラインはデリケートな場所なので、痛みを感じる場合が多いようです。

また、ワキやVIOラインは、他の場所に比べて毛が太く、濃い場合が多いので、痛みを強く感じてしまうようです。

ただ、他の部位に比べて、ワキやVIOラインは面積が狭いため、痛みが強くても、耐えられると思います。

もちろん、痛みの感じ方には個人差があるし、人によっては全く痛みを感じないという方もいるかもしれません。

でもどうしても痛みが強くて我慢出来ないという場合は、機械の出力を下げてもらう事も可能なので、お気軽に相談してみてくださいね。

出力を下げたからと言って、全く脱毛効果がなくなるという訳ではないので、初めて脱毛する際は低めの出力で脱毛してもらうのもアリだと思います。

逆に背中脱毛の際はほとんど痛みを感じないようです。
やはり背中はそんなにムダ毛が濃くない事もあって、脱毛をしても痛みを感じにくいのですね。

要するに、毛が濃く、太い箇所を脱毛する際は痛みを感じやすく、毛が薄い場所を脱毛する際は痛みを感じにくいという事になります。

サロンも出来るだけ痛みを感じないようにはしてくれると思いますが、痛みを感じたらすぐに言うようにしましょう。

臨機応変に対応してくれると思うので、我慢してまで痛みを感じながら施術を受ける事はないですよ♪

脱毛を受けるには、いくつかの注意点があります。

その1つに脱毛前・脱毛後は飲酒を控えましょう、という注意点があります。

いったい、なぜアルコール摂取がだめなのでしょうか?

なぜかと言いますと、脱毛の施術には光やレーザーを使用します。

その刺激によって施術後は体温が上昇し、肌は刺激を受けた状態になっています。

肌が刺激を受け敏感になり、血行がよくなっている状態で飲酒をしてしまうと

更に血行を促進してしまい、体温を上昇させてしまうので、赤くなったり

湿疹やかゆみなどの肌トラブルが起こる原因になるからです。

また、脱毛時の痛みが増してきてしまう場合もあります。

ならば脱毛前なら、飲酒は大丈夫なんじゃないのか?というとこちらもNGです。

脱毛前も、脱毛後と同じ原理で、脱毛を受ける前に血行がよくなり

体温が高い状態で施術を受けると、脱毛後に赤みが出たり湿疹が出たり強い痛みを感じ

てしまうなど、刺激を受けやすくなってしまいますので、必ず飲酒は控えたうえで

脱毛を受けるようにしましょう。

とはいえ、お酒が好きな方には禁酒はキツイですよね。

いったいどのくらいの期間我慢すれば飲酒可能なのかと言うと、脱毛サロンに行く

前後1日ずつだけはお酒を我慢しましょう!!

『少しくらい飲んでもたいしたことないし、大丈夫だろう』と甘く見ていると、大きな

怪我に繋がり、病院で治療を受けなければいけなくなった、という事態になりかねませ

ん。

実際、なんとなく大丈夫だろうと施術当日に飲酒してしまい、皮膚に湿疹ができて

真っ赤になってしまったという例も報告されています。

万が一トラブルになり、通院を余儀なくされた場合は、治療費がサロン負担の場合でも

自分の不手際でのトラブルとして、治療費は自己負担になる可能性大ですので

注意が必要です。

トラブルが起こった為に、サロンに通う回数も増えてしまう場合もあるので

無駄な出費にも繋がってしまいます。

どうしても断れない飲み会や約束がある場合は、脱毛サロンの予約を変更するなどして

対応し、ベストな状態で施術を受けるように心がけましょう。