脱毛が始まると、その後ムダ毛の処理はどうしたら良いのか分からない場合もあると思います。

脱毛は確かにムダ毛を処理するために行っているのですが、大体毛の周期に合わせて2?3ヶ月に一回というペースで通う事になります。

その間、全く毛が生えて来ないかというとそうではないのですね。

その間にもムダ毛は生えてくるし、だからと言って何も処理をしない訳にはいかないですよね。

冬なら長袖や長ズボンを履いて肌をかくす事が出来ますが、夏になると露出をする機会も増えると思います。

そんな時にムダ毛ボーボーというのは、女性なら耐え難いですよね。

なので、ムダ毛を処理するにしても、どうやって処理したら良いのか、ここで紹介します。

まず、気を付けなくてはいけないのが、脱毛3日前から前日には自分で毛の処理をしておかないといけないという事です。

昔なら脱毛期間中は一切毛を処理してはいけない、と言われていましたが、今多くのサロンで行われている光脱毛は違います。

脱毛する際に、毛が全くないツルツルの状態にしておく事が重要なのです。

なので、脱毛期間中にムダ毛の事を気にして、ファッションを楽しめない、なんていう事もなくなったので、嬉しいですよね。

でも、ムダ毛の処理をする際に一つ注意しておかなければいけない事があります。

それがムダ毛の処理方法なのですが、毛抜きで処理をするのは絶対に辞めてください。

なぜなら、毛抜きで処理をしてしまう事によって、毛根を傷つけてしまったり、脱毛効果が大幅になくなってしまうからです。

カミソリを使うのも一つの方法ですが、出来れば避けておきたいですね。

カミソリ負けをしてしまって、お肌が傷ついた状態になると、脱毛が不可能となってしまう場合があるからです。

一番良いのは、お肌に負担が少なく、確実に除毛出来る電気シェーバーですね。

ムダ毛の剃り残しがあると脱毛自体受けられなくなってしまう場合もあるので、前日までにしっかりと自己処理しておくようにしましょう。

エステや脱毛を受ける時に気になるのが、勧誘の事だと思います。

体験でエステに行ったのに、勧誘されて無理やりコースを契約させられた、なんていう事を経験した方はいないでしょうか?

昔は確かに、エステサロンなどはそうやって無理やり勧誘する事がほとんどで、そうやって痛い目を見た方も多かったと思います。

しかし、現代はそういった勧誘をしてくるサロンはほとんどありません。

その理由は現代人がインターネットを使いこなす、ネット社会だからです。

今は老若男女問わず、誰でも簡単にインターネットを使って自分が知りたい情報を知る事が出来ますよね。

もちろん、情報が溢れ返っているので、その中で何が正しくて、何が間違っているか、という事は自分で見極めなくてはいけませんが。

逆に、自分で情報を発信する事も可能です。

FacebookなどのSNSで自分の意見や考え、写真や文章を自在に投稿する事が出来る便利な世の中です。

なので、もしそういった極悪なサロンがあったとしたら、もうお分かりだと思いますが、すぐに悪い噂が広がってしまいますよね。

なので、そういう手法を使って悪い噂が立てば、サロンにとってもメリットがないので、まずそういう事はしない、というサロンがほとんどなのです。

特に大手サロンであれば、人気や評判を売りにしているので、そのような心配は100%ないでしょう。

もちろん、向こうも商売なので、様々なコースの案内はされると思います。

しかし、普通は一回こちらが断ればすぐに引き下がってくれるので、しつこい勧誘とは無縁だと思います。

もし運悪く勧誘が激しいサロンに当たってしまったら、自分にとってメリットもないので、この際別のサロンに変えてしまいましょう。

全国各地に評判が良く、優れた技術を持っているサロンはたくさん存在します。

そのサロン以外にももっと自分が納得できるサロンもあるので、探してみましょう。

せっかく脱毛をしに行くのなら、やはり気持ち良く行きたいですよね。

脱毛を受ける前と受けた後に特に注意する事って何でしょう?

やはり一番に挙げられるのが、紫外線です。

脱毛を受けるにあたって、紫外線や日焼けは一番の敵になります。

その理由として、紫外線を浴びる事によって、当然肌が日焼けをしてしまう事になりますよね。

日焼けをしてしまうと、お肌が軽い火傷の状態になってしまいます。

また、お肌が乾燥する事にも繋がってしまうので、脱毛をする際には絶対に日焼けをしてはいけません。

日焼けをしてダメージを受けたお肌で脱毛をしてしまうと、健康な肌では何の問題もないのに、日焼けをしたがために、お肌が何らかのダメージを受けてしまう可能性があります。

例えば、日焼けをした箇所に過剰に反応してしまったり、更に火傷を起こしてしまったりと、危険です。

日焼けをしたら人間の目には火傷していたり、乾燥をしているように見えないかもしれませんが、実は肌組織にはダメージがかかっているのです。

また、日焼けによって肌の温度も上がってしまっていたり、ほてっている場合もあると思いますが、こういった場合は、脱毛は避けるべきでしょう。

脱毛をして更に温度が上がってしまったり、こちらも火傷に繋がってしまう可能性があります。

あまりにもひどく日焼けをしてしまった場合は、肌の状態を見て、脱毛自体受けられない可能性もあるので、注意してください。

せっかく予約を取ったのに、脱毛が受けられない、日焼けが引くまで受けられないとなるとショックですよね。

自分が原因で脱毛を受けられない場合、こちらがキャンセル料を払ったり、予定を延期したりと、面倒に感じる事も多いと思います。

そうならないように、脱毛期間中は少なくとも日焼け対策を万全にしましょう。

また、特に脱毛施術前後一週間は紫外線と日焼けに気を付けるようにした方が良いです。

夏場は暑いかもしれませんが、長袖を着て、日傘や日焼け止めも使うようにしましょう。

綺麗なお肌を手に入れるためには、お肌の事を常に気遣うようにしましょう。

脱毛で特に痛い部分はワキとVIO部分

やはり初めて脱毛を受けようと思ったら、特に気になるのは痛みに関してだと思います。

脱毛をしたらどれくらい痛みを感じるのか、それは耐えられない痛みなのか?

多くの方が不安に思う事だと思います。

脱毛に関しての記事などを見ると、「痛みを感じる事があります」などと書かれている場合もあり、少し不安ですよね。

実際はどこの部位で一番痛みを感じるのでしょうか?

もちろん、どの部位を脱毛するにしても、毛に刺激を与えるので多少の痛みがあります。

しかし、特に痛みが強いと言われているのが、ワキとVIOラインです。

背中や手足に関しては、ほとんど痛みを感じる人はいないようですが、ワキとVIOラインはデリケートな場所なので、痛みを感じる場合が多いようです。

また、ワキやVIOラインは、他の場所に比べて毛が太く、濃い場合が多いので、痛みを強く感じてしまうようです。

ただ、他の部位に比べて、ワキやVIOラインは面積が狭いため、痛みが強くても、耐えられると思います。

もちろん、痛みの感じ方には個人差があるし、人によっては全く痛みを感じないという方もいるかもしれません。

でもどうしても痛みが強くて我慢出来ないという場合は、機械の出力を下げてもらう事も可能なので、お気軽に相談してみてくださいね。

出力を下げたからと言って、全く脱毛効果がなくなるという訳ではないので、初めて脱毛する際は低めの出力で脱毛してもらうのもアリだと思います。

逆に背中脱毛の際はほとんど痛みを感じないようです。
やはり背中はそんなにムダ毛が濃くない事もあって、脱毛をしても痛みを感じにくいのですね。

要するに、毛が濃く、太い箇所を脱毛する際は痛みを感じやすく、毛が薄い場所を脱毛する際は痛みを感じにくいという事になります。

サロンも出来るだけ痛みを感じないようにはしてくれると思いますが、痛みを感じたらすぐに言うようにしましょう。

臨機応変に対応してくれると思うので、我慢してまで痛みを感じながら施術を受ける事はないですよ♪

脱毛を受けるには、いくつかの注意点があります。

その1つに脱毛前・脱毛後は飲酒を控えましょう、という注意点があります。

いったい、なぜアルコール摂取がだめなのでしょうか?

なぜかと言いますと、脱毛の施術には光やレーザーを使用します。

その刺激によって施術後は体温が上昇し、肌は刺激を受けた状態になっています。

肌が刺激を受け敏感になり、血行がよくなっている状態で飲酒をしてしまうと

更に血行を促進してしまい、体温を上昇させてしまうので、赤くなったり

湿疹やかゆみなどの肌トラブルが起こる原因になるからです。

また、脱毛時の痛みが増してきてしまう場合もあります。

ならば脱毛前なら、飲酒は大丈夫なんじゃないのか?というとこちらもNGです。

脱毛前も、脱毛後と同じ原理で、脱毛を受ける前に血行がよくなり

体温が高い状態で施術を受けると、脱毛後に赤みが出たり湿疹が出たり強い痛みを感じ

てしまうなど、刺激を受けやすくなってしまいますので、必ず飲酒は控えたうえで

脱毛を受けるようにしましょう。

とはいえ、お酒が好きな方には禁酒はキツイですよね。

いったいどのくらいの期間我慢すれば飲酒可能なのかと言うと、脱毛サロンに行く

前後1日ずつだけはお酒を我慢しましょう!!

『少しくらい飲んでもたいしたことないし、大丈夫だろう』と甘く見ていると、大きな

怪我に繋がり、病院で治療を受けなければいけなくなった、という事態になりかねませ

ん。

実際、なんとなく大丈夫だろうと施術当日に飲酒してしまい、皮膚に湿疹ができて

真っ赤になってしまったという例も報告されています。

万が一トラブルになり、通院を余儀なくされた場合は、治療費がサロン負担の場合でも

自分の不手際でのトラブルとして、治療費は自己負担になる可能性大ですので

注意が必要です。

トラブルが起こった為に、サロンに通う回数も増えてしまう場合もあるので

無駄な出費にも繋がってしまいます。

どうしても断れない飲み会や約束がある場合は、脱毛サロンの予約を変更するなどして

対応し、ベストな状態で施術を受けるように心がけましょう。

脱毛開始前の不安な点6つを全て解決します!

脱毛に憧れはあるけど、今まで行ったことないし、わからないことばかり・・・

ほんとに大丈夫かなぁ?となかなか脱毛サロンに通う勇気が出ないという方

結構多いのではないかと思います。

そこで、脱毛前の不安に感じる点を6つ述べてみたいと思います。

まず、1つめは≪しつこく勧誘を受け無理やり契約させられるの?≫

やはりみなさん脱毛サロンはしつこく勧誘される、というイメージがあり

決断できないという方もいらっしゃると思います。

インターネットがこれだけ普及している時代なので、ホームページに『勧誘なし』と

公言しているサロンも増えてきています。

しかし、一切の勧誘がないかと言うとそうではありません。

多少の勧誘はあると思いますが、勧誘なしを公言していないサロンよりも

強引な勧誘はされない傾向にあります。

2つめは≪ほんとに脱毛の効果ってあるの?≫

高いお金を出して脱毛サロンに通うわけですから、やはり目に見える効果を

期待しますよね。

しかし脱毛は1回通っただけで効果が現れるものではありません。

自己処理が必要なくなり、十分な効果を実感するには最低6回から12回ほどの施術で効果が現れてくるでしょう。

3つめは≪脱毛サロンに通う期間はどれくらいなのか?≫

先ほども述べた通り、脱毛はたった1回ではなんの効果も得られません。

ならば、どれくらいの頻度で通えばいいのか?ですが毛周期にあわせ

平均的に脱毛というのは1回通っただけで終わるものではありません。

脱毛に効果があるのは成長期の毛のみなので、毛周期にあわせ、平均的には1?3か月

に1度のペースで通う必要があります。

そして4つめですが≪予約はちゃんと取れるの?≫

自分が気に入ったサロンでも、安価であっても予約がとれなければ意味がありませんよ

ね。

平日などの比較的空いている日などに通える方はいいのですが、仕事などの都合上

やはり土日しか通えない場合は、やはり予約が殺到するケースもあります。

数週間前から予約をしなくてはならないサロンもありますので、契約前に口コミや体

験談などからきちんと予約の取りやすさなどを調べてから申し込むようにしま

しょう。

やはりみんなが気になる料金≪最初に提示された金額で本当に行けるのか?≫

なんとなく契約したら、あとからびっくりするほどの高額請求された!
施術がすすむにつれてどんどんプラスアルファになっていった!

などのトラブルも稀ですが0ではありません。


無料カウンセリングや問い合わせをした際に、きちんとした料金の説明がある

サロンを選ぶようにしましょう。

そして最後、≪痛くないの?≫

脱毛=痛い イメージがありますよね・・・。

しかし、光を施術部位にあてて組織を破壊する施術方法の『フラッシュ脱毛』だと

痛みはほどんどありません。

低刺激で肌への負担も少ないことから、人気の施術方法です。

みなさんは何歳くらいからムダ毛が気になり始めましたか?

思春期になるとオシャレや美容が気になり始め、ムダ毛が煩わしく感じ

脱毛したい、脱毛サロンに通って永久脱毛がしてみたいと考え始めるのではないでしょ

うか?

周りでも同じように考える子が増えてくる年頃ですよね。

自分で電動シェーバーやかみそりなどで処理することもできますが、やりすぎて肌を痛

めたり痛みが出たりとトラブルになることも多いですし、一時期的な処理はできてもま

たすぐ生えてきてしまうので煩わしいから嫌だ、と感じる人も多いでしょう。

どうせ脱毛するなら、プロである脱毛サロンで施術してもらうのがベストでしょう。

実際、サロンによっては低年齢専用のコースを設けているサロンも存在します。

7歳から可能!というコースや小学低学年向けのコース、親子割なども設けられている

脱毛サロンも存在しますが、これは極わめてまれなケースです。

通常は16歳未満は契約ができなかったり、学生は不可とされているサロンも多いです。

16歳より可能!となっているサロンでも、16?19歳は親の同意書が必要になっ

たりとどうしても親御さんの許可が必要になってしまいます。

同意書があれば希望通りの施術が受けられるかと言うと、部位によって施術不可だった

りと希望通りにいかない場合が多いです。

学生のうちは学生割引を設けられているサロンもありますが、それでも脱毛サロンは1

度通えば終わり、と言うものではなく1?3か月ごとに通う必要がある為、費用も高額

になってしまいますし、10代のうちは金銭的にも厳しい思いをするでしょう。

なぜ10代や思春期の頃は脱毛サロンに通えないのかというと

16歳未満で脱毛を行ったとしても、成長ホルモンに伴い、また毛が生えてきたり

と脱毛した意味がない、効果がでにくい、そして何より成長期の大事な時期に無理やり

毛の成長を妨げてしまう、というのが脱毛サロンに通えない大きな理由です。

やはり、ホルモンバランスも安定し、金銭的にも少し余裕が出てくる20代からがベス

トだと言えるでしょう。

脱毛に憧れはあるし、してみたいけど・・・

なにか体に弊害があるんじゃないのかな?痛そうだし・・と不安や心配を募らせ

なかなか行動に起こせない・・・と言う方おられませんか?

未体験のことをするのですから、とても不安になりますよね??

実際のところ、脱毛を行ったからと言って、特に体内への影響がでることはありません。

脱毛の際に使用されるレーザーは、毛根に達するくらいの深さまでしか届かないので

内臓や血管まで届いていないからです。

今までに体内に影響が及んだという事例も見つかっていません。

よく皮膚がんを心配される方がおられますが、脱毛に使用されるレーザーの光は皮膚が

んの影響となる紫外線ではなく、赤外線に近いものですので、心配の必要はないのです。

しかし、脱毛はホルモンバランスと脱毛は大いに関係してきます。

その為、ホルモンバランスが崩れ敏感になっている生理中や妊娠中・授乳中など

は避けるべきでしょう。

では、体内に影響がなくても体外に影響があるのか?というとこちらも

影響はないのです。

フラッシュ脱毛は肌への影響が少ない、お肌にやさしいとても安全な施術方法ですが

フラッシュ脱毛で使用される光によって赤みが出ることや乾燥肌や敏感肌、湿疹などが

出る場合もあります。

これは、レーザー脱毛の光が放っている熱によるもので、数時間から数日で

自然と症状はは改善されますので、副作用や弊害というほどのものではありません。

また、施術によって汗が出やすくなるなどの症状はよく聞かれますが、これは今まで汗

を堰き止めていた毛が脱毛によってなくなりせき止めるものがなくなったことによる

もので副作用や弊害に値するものではありません。

しかし、脱毛は施術方法を誤れば、火傷に繋がるなども大きなトラブルに繋がる場合も

あります。

ですから、しっかりしたサロン選びをすることが不可欠になってきます。

しっかりした安心できるサロンでの施術であれば特に心配するようなことは何

もありません。

契約を交わす前にきちんとカウンセリングを受け、説明をきちんと施してもらい

不安な要素は全部無くした上で、自分の納得の行く脱毛サロンで安心して施術を受ける

ようにしましょう。

脱毛サロンに通わず、自分で自己処理をしている・・・という方

多いですよね??

なんといっても脱毛サロンに通うとお金がかかるのに対し、自分で処理すると

安価で済むし楽ちんだと思います。

しかし、どうしても自分の手が届かない場所や、鏡などを利用しないと見えない

箇所の処理はなかなか難しいですよね。

そういう場合はやはり脱毛サロンで処理してもらうのがベストです。

鏡とにらめっこしたり、誰かに手伝ってもらうなどすれば自己処理も不可能ではない

かもしれませんが、誰かに手伝ってもらうのも気が引けますしね。

そこで、自分では自己処理が難しい箇所を4点挙げてみました。

まずは、≪おしりの周り≫です。

サロンで他人におしりを見せるなんて、なんだか恥ずかしいと躊躇される方も

多いのではないかと思いますが、今ではほとんどのサロンにOラインの脱毛プランが

あります。

ほとんどのサロンにプランが設定されているということは、それだけ需要があるのでし

ょうね。

次に≪Iライン≫です。

ここもデリケートな部分ですし、人の前でさらけ出すには恥ずかしい箇所ですよね。

カミソリなどで自分で処理できないかなと思いがちですが、この部分は肌もデリケート

ですし、自己処理を誤ると皮膚トラブルを起こす原因となってしまいますので、VIO

脱毛プランが設定されているサロンを選び、施術してもらうと安心ですね。

そしてどう頑張っても自分では不可能な≪背中≫です。

背中は、鏡とにらめっこして自己処理を試みても、手が届かないため不可能ですよね。

脱毛サロンには、脱毛部位を選べるので背中だけ施術してもらうことも可能です。

しかし、たいていのサロンでは背中は、背中上・背中下と分けられていることが多いで

すので、2部位となり、費用は少しかさんでしまいますね。

それならば全身脱毛の方がお得では?とお考えでしたら全身脱毛で施術を試してみる

のもいいでしょう。

最後は≪うなじ≫です。

うなじの毛は、髪の毛をアップにする際などどうしても気になりますよね。

うなじの脱毛にはレーザー脱毛がいいでしょう。

うなじ+えりあしのコースを設けているサロンもありますので、口コミなど情報を

収集してからご希望の脱毛サロンへ通いましょう。

脱毛サロンのかけもちは賢いけど注意が必要

各サロンでは安くてお得なキャンペーンが行われています。

キャンペーンは1つって決めなくても、各サロンそれぞれで受けることができるんですよ。

なので、うまく組み合わせてかけもちすれば、より安く脱毛することもできちゃいます。

口コミ情報をチェックすると、キャンペーンだけで全身脱毛できたという人もいるんです。

このように、お得で賢い脱毛のかけもちですが、注意しなければならない点もあります。

まず、1つに各サロンごとに脱毛範囲は異なることもあります。

ひじ下脱毛と同じコース名だったとしても、ひじ部分が範囲に含まれる所もあれば、含まれない所もあります。

その為、Aサロンでひじ下、Bサロンでひじ上脱毛した場合、範囲外になりムダ毛が残ってしまうこともあるんです。

必ず、脱毛範囲までそれぞれでしっかり確認し、ムダ毛が残ることがないようにコース選びを行いましょうね。

また、キャンペーンは安い分、回数が少ない場合もあります。

このような場合、同じ部位を複数のサロンのキャンペーンで脱毛しようという人もいるでしょう。

その際は、必ず、脱毛期間をご自身にて2ヶ月空けるように予約を行いましょう。

同じ回数脱毛するにしても、連続しても意味はないんです。

人気のフラッシュ脱毛はムダ毛が生えていない休止期の毛穴には効果がありません。

その為、毛周期に合わせて施術していく必要があるんです。

また、短期間に続けて同じ部位を施術することで、脱毛効果が下がるだけでなく、肌トラブルを起こしてしまうこともあるんです。

通常は肌にはやさしい脱毛ですが、立て続けに施術すると炎症や火傷などを起こしてしまいやすくなります。

いくらキャンペーンで安く脱毛できたからといっても、脱毛効果がないや、火傷していまうでは通うだけ損ですよね。

安全を第一に考え、同じ部位を他のサロンで脱毛している場合、申し込みできない所もあるんですよ。

同じ部位の脱毛を行う際は、それぞれのサロンで相談し、安全を考えた上で、予約をしていくように気をつけましょうね。

そうすれば、かけもちで損せず満足いく脱毛ができるでしょう。