脱毛するとワキ汗がスゴイことになった!?なんて口コミをネットで見かけたことはありませんか?

脱毛技術が進んで誰でも手軽に脱毛できる時代、ワキ脱毛は子供のおこづかい程度の金額で出来るようになっています。

気軽に受けられる分、脱毛に関する知識を知らないで脱毛してしまう人も増えています。

ワキ脱毛した後のワキ汗についても、脱毛に対する知識不足からくる勘違いの場合が多いのです。

実際には脱毛することでワキ汗の量が増えることはありません。

これは医学的にも証明されていることですが、ではなぜワキ汗に関するウワサが出てくるのでしょうか。

それには、2つの理由が考えられます。

1つ目の原因としては、脱毛してワキ毛がなくなったことにより、今までワキ汗が流れるのが防げなくなったことにあります。

ワキ毛が無い分、直接汗腺から汗が滴るのでワキ汗が増えたように感じる訳です。

量的には変化がなくても、服に染みる汗の量や体への感じ方が変わるので、余計に増えたような気がするのでしょう。

対策としては、こまめに汗を拭くことや制汗剤などを活用すると良いでしょう。

2つ目の原因としては、ワキ毛がなくなったことを気にするあまり、人から見られているという意識が強まることにあります。

人の体は緊張すると暑くなくても汗をかくように出来ています。

汗をかくのは反射的なものなので、自分でコントロールすることは難しいです。

意識しなければ汗をかくこともないので、脱毛したことにあまり神経をとがらせないことが重要です。

このように脱毛した後の変化に対する認識の違いで、脱毛によってワキ汗が増えたと勘違いする人がいる訳です。

ただし、実際に脱毛によって汗が増える場合もあります。

今はあまり一般的な方法ではありませんが、「電気脱毛」と呼ばれる方法で脱毛をすると、汗腺を刺激して汗の量が増える場合があるそうです。

電気脱毛では毛穴一個一個に電流を直接流すので、その影響で汗腺も刺激を受けて汗の量が増えるのです。

現在主流となっているフラッシュ脱毛では、こうした現象は起きませんので安心してください。

ワキは人前で見せることも多い部分ですので、ワキ脱毛しておけばいざという時にも安心です。

キレイなワキを気持ちよく手に入れる為にも、脱毛に関する知識を身につけておきましょう!

最近はハリウッドスターやミュージシャンが、オシャレのためにタトゥーをしているのをよく見かけますよね。

昔は不良の代名詞のようだったタトゥーも、すっかりファッションの一部として浸透してきました。

遊びでできるシールのようなものから、本格的な刺青まで手軽に楽しめるようになっています。

ファッションとしては人気の高いタトゥーですが、脱毛する人にとっては相性が悪い存在です。

一般的な脱毛には、ムダ毛の黒い部分(メラニン色素)に反応するレーザーが使われていますが、このレーザーはタトゥーにも反応してしまいます。

そのため、脱毛をしたいと思ってもタトゥーがあると、お店側から施術を断られる場合もあるのです。

もちろんタトゥーのサイズや位置によっても施術可能な場合はありますが、その場合でもタトゥーの場所は避けて脱毛します。

せっかく脱毛してキレイな肌になるつもりが、タトゥーの部分だけムダ毛が残ってしまっては台無しです。

タトゥーで目立つ分だけ逆にムダ毛が悪目立ちしてしまいますよね。

ではタトゥーのある人は脱毛を諦めないといけないのかというと、そうではありません。

脱毛の中には「電気脱毛」という方法があり、タトゥーがあっても脱毛できるのです。

電気脱毛は針脱毛とも呼ばれ、針状の装置を毛穴1本1本に差し込んで、直接毛根に電流を流すことで脱毛を行います。

聞いているだけで痛そうな方法ですが、実際に痛みが強いのが特徴です。

ただし我慢できないほどの痛みではありませんし、どうしても痛みが気になる人は麻酔を使って脱毛することも可能です。

電気脱毛は100年以上前から利用されている方法なので、安全性の面では一番ですし、お肌にも余計な負担をかけません。

手間が掛かる分、料金は高めですが部分的にムダ毛が残るくらいなら、思い切って電気脱毛をした方が良いでしょう。

エステサロンとして有名なTBCやミスパリなどでは、レーザーを使った脱毛と電気脱毛を使い分けて施術してくれます。

脱毛クリニックでも電気脱毛を取り扱っているところがありますので、そういったところで施術すれば料金的にもムダがありません。

タトゥーがあっても脱毛を諦める必要はないので、覚えておいてくださいね!

ムダ毛のお手入れをすることがなくなり、見た目にもキレイな肌を手に入れることができる脱毛。

世間では脱毛を取り扱うエステサロンやクリニックも増え、気軽に脱毛できる時代になりました。

高かった料金も最新機器の開発により、より安く安全に脱毛することが可能です。

CMでも盛んに脱毛を呼び掛けて、思わずその気になってしまう人もいると思いますが、その前に脱毛のデメリットについても理解しておいてください。

メリットばかりが目につく脱毛ですが、当然良いことばかりではなくデメリットもあります。

脱毛のデメリットと対処法について簡単に紹介します。

1、脱毛にはお金が掛かる。

ワキなどの部分脱毛では50円や100円など、タダ同然の値段で脱毛が可能になっていますが、脱毛するパーツを増やしたり、全身脱毛をすればそれなりに高額となります。

どんなに安いところでも20万円強、高いところなら40万円や50万円掛かるところもざらにあります。

なんとなく始めた脱毛がいつの間にか大きな負担になっていることもあり得るのです。

対処法:脱毛する前にどの程度金額が掛かるものなのか、事前に試算をしっかりとしておく。

契約を交わす前には追加料金や、どこまで脱毛できるのかなど把握してから脱毛してください。

2、脱毛中は日焼けができない。

脱毛にとって日焼けは大敵です。

脱毛に使う装置は一般的に、毛の黒い部分(メラニン色素)に対して効果のある光を使います。

もし日焼けをして肌が黒くなると、その部分にもメラニン色素が集まってしまい、脱毛の光が肌にも影響します。

日焼けの程度がひどければ大きな火傷の原因になるので、日焼けしていると脱毛施術をお店の方から断られてしまうのです。

また、脱毛期間中ずっと日焼けすることが出来ませんので、夏のレジャーやバカンスといったことも、脱毛中は我慢することになるでしょう。

対処法:常に日焼け対策(UVケア)を怠らない、紫外線の弱い冬場に脱毛を行う。

シミ、そばかすの対策でUVケアする人は多いと思いますが、その延長線上で脱毛中はしっかりとUVケアに努めましょう。

また脱毛する時期を紫外線の弱い冬場にすることで、日焼けのリスクを減らすこともできます。

3、脱毛すると乾燥肌になってしまう。

ムダ毛と言われている体毛にも、ちゃんとした役割があります。

皮膚の乾燥を防ぐため、毛穴から分泌される皮脂をお肌に行きわたらせる役割を持っているのです。

脱毛によりそうした効果がなくなるため、必然的にお肌は乾燥しやすくなります。

対処法:脱毛中や脱毛後は、保湿ケアを徹底する。

乾燥しやすい肌には保湿を行うのが一番です、お風呂上りやお出かけの後はしっかりと保湿ケアをして肌を乾燥から守ってください。

以上、簡単ですが脱毛のデメリットでした。

他にもデメリットはありますが、きちんと対処すれば脱毛のメリット(手間がなくなる!、キレイになれる!)は全て貴女のものです。

デメリットを理解し対策を打つことで、脱毛の効果を高めましょう!

女性には日常的にお手入れをしておかないといけないことがたくさんあります。

毎日のお化粧もそうですし、服装にだって気を使っておかなければいけません。

男性だけでなく同性からの目線も気になります。

油断していると後で何を言われているか、分かったものではありません。

そんなお手入れの一つに、ムダ毛の処理があると思います。

どうせ見えないから良いや、と適当に済ませていると、ふとした瞬間に見えてしまい恥ずかしい思いをすることになります。

ムダ毛の処理と一口に言っても、様々な方法がありますが一般的なのは毛抜きによる処理でしょうか。

ムダ毛を一本一本抜き取るので、時間が掛かりますがムダ毛を処理している満足感があり、毛根から抜いているので次の毛が生えるまでに時間もかかります。

しかし毛抜きによる脱毛は、お肌にとって負担の掛かる非常に危険な方法なので、今すぐ考え直してください。

毛抜きは毛根から毛を抜くので、次の毛が生えるまでに時間を稼げるかもしれません。

しかし無理やり引き抜くため、毛穴と毛穴周辺の皮膚を強く傷めることになります。

毛抜きを使っているとたまに出血することもありますが、傷口が小さいように見えても毛穴の中は広い範囲で怪我をしている状態なのです。

怪我をした毛穴を放っておくとどうなるかというと、怪我をしている内に細菌が侵入すれば炎症を起こします。

脱毛後の毛穴に、大きな赤いニキビのようなものが出来ていれば、それは毛嚢炎と呼ばれる炎症かもしれません。

毛穴の奥深くまで細菌が繁殖しており、簡単に治りませんし、取り除くことも難しくなります。

時間をかけて治すか、切除するか、どちらにしても肌に傷跡が残る可能性は高いです。

また、細菌の繁殖がなくても、毛穴の再生中に次の毛が生えてきた場合はどうでしょうか。

毛穴の出口がかさぶたによって塞がれた場合、成長した毛は出口を失って皮膚の中で成長します。

これが埋没毛と呼ばれる状態で、皮膚の下に黒い筋のように伸びた毛を見ることができます。

見た目にも目立ちますし、これも容易に取り除くことはできません。

こういった症状が現れなくても、なんども毛穴を傷つけていると色素沈着が起こり、肌が部分的に浅黒くなることも考えられます。

このように毛抜きによる自己処理は非常に危険なのです。

いまもし毛抜きを使って自己処理しようと思っている人がいたら、ぜひ止めてください。

自己処理には肌を傷つけない電気シェーバーがおススメです。

脱毛後には保湿ケアをしておくことで、肌の回復も早くなります。

自己処理に毛抜きを使っている人は要注意ですよ!

最近は小さいうちから習い事をさせる親も増えてきて、習い事の種類もいろいろと多様になっています。

女の子の定番の習い事といえば、ピアノやバレエ、水泳なども多いのではないでしょうか。

幼稚園や小学校に入りたての頃は、おぼつかない手足でたどたどしくがんばる姿を見ているだけで癒されますよね。

でも大きくなってきて、子供が成長期に入ってくるといろいろと悩みが出てくるものです。

そのひとつにムダ毛の悩みがあると思います。

人前で衣装を着て発表するようなピアノやバレエ、露出の多い水着を着る水泳も、ムダ毛があると気になりますよね。

長く続けていればいるほど、立派な成績を残すようになりますし、大舞台になれば観客も増えてきます。

緊張するような場面で、もしムダ毛を気にするようになったら発表や競技にも影響を及ぼします。

せっかく続けてきた習い事もイヤになってしまうかもしれません。

子供は時に残酷ですので、ちょっとした違いでもからかわれることが多いのです。

子供のがんばりを邪魔する要因は、あらかじめ取り除いておきたいですよね。

そんな人におススメなのが、キッズ脱毛です。

従来は刺激が強く、子供には向かない脱毛でしたが、最近の技術改革のおかげで肌に優しい脱毛方法が開発されました。

中には小学校に入る前から受けられる脱毛もあり、悩みの種であるムダ毛が生える前にあらかじめ手を打つことができます。

それに子どもと一緒に自分も脱毛すると、割引の利く脱毛サロンもあるのです。

大手脱毛サロンのエピレでは、無料の特典や親子割などが受けられるので、お財布にも優しく、子供の不安を和らげることもできます。

脱毛も7歳から受けられるほど安全なものなので、お肌が敏感だというお母さんにもピッタリです。

今から脱毛しておけば、将来自分の子供がムダ毛処理に追われることも、ムダ毛が原因でからかわれることもなくなります。

もし体を露出するような機会がある習い事を続けさせていきたいのであれば、一度キッズ脱毛を考えてみてはいかがでしょうか。

キッズ脱毛を活用して、親子で賢くお得に脱毛してくださいね!

ムダ毛処理を行う人の中には、毛抜きやカミソリを使った自己処理を行っている人も多いと思います。

手軽に道具が手に入り、簡単にムダ毛処理できるので選ばれやすい方法ですが、間違った方法で処理するとお肌を傷めることになりかねません。

特にムダ毛を自己処理した時にお肌や毛穴を傷めてしまうと「埋没毛」という現象が起きてしまうので注意が必要です。

埋没毛とは、ムダ毛処理した時にお肌を傷つけることが原因で、痛んだお肌が治る時に毛穴の入り口部分をカサブタでフタをするようにしてしまうことで起きます。

出口が塞がれた毛穴の中でも次の体毛は生えてきますので、皮膚の中で毛が成長してしまいます。

成長した体毛は、まるで皮膚の上に黒いブツブツができたように見えるため「埋没毛」と呼ばれるのです。

皮膚の下なので簡単にとることもできず、無理やりとってしまうとさらに大きな怪我につながってしまいます。

見た目にも良くないので、ムダ毛処理を気にする季節にはかなり厳しい状況となってしまいます。

埋没毛を起こさせないためには以下の対策を行うことです。

・埋没毛を起こしやすい毛抜きやカミソリの使用を辞めること

脱毛用の電気シェーバーであれば、毛穴への刺激は少なくて済みますし、お肌も傷つけません。

それだけで埋没毛になりにくくなります。

・自己処理した後はしっかりと保湿ケアを行う。

毛穴の傷をそのままほおっておくことが埋没毛につながります。

毛穴とお肌のダメージを早期に回復させるためにも、自己処理後はしっかり保湿ケアを行いましょう。

・思い切って脱毛サロンで脱毛する。

脱毛サロンで使用する脱毛機であれば、埋没毛の心配もありません。

脱毛が済めばムダ毛の問題で悩むこともなくなるので、埋没毛の問題も解決します。

毛抜きや剃刀を使った自己処理では、他にも「毛嚢炎」と呼ばれる大きなニキビのような炎症を起こすこともありますし、肌トラブルにつながりやすいのです。

可能であれば今すぐ自己処理方法を変更することをおススメします。

今すぐがムリならとりあえず保湿ケアをしっかりするところから始めてください!

脱毛できない部位は主に目の周り周辺!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近ではムダ毛がなくなるメリット以外にも、化粧のノリが良くなることやシミの解消などにも効果があるということで顔脱毛が流行っています。

脱毛サロンや脱毛クリニックでもキャンペーンをすることも多くなってきたので、顔脱毛という言葉を見聞きした人も多いと思います。

しかし顔脱毛と一口に言っても、すべての場所が脱毛できるわけではありません。

一般的な脱毛に使われるのはレーザーを利用した脱毛方法です。

ムダ毛に含まれるメラニン色素だけに効果が及ぶ、特殊な波長のレーザーを照射して、ムダ毛ごと毛根細胞を加熱して焼き切るという原理になっています。

これは脱毛サロンも脱毛クリニックも原理的には変わりありません。

脱毛に使用されるレーザーにはもちろん厳重な安全装置が設置されていますが、直接目に入ると失明する可能性があるほど危険なものです。

万が一の事故を予防するためにも、お顔近くの脱毛をする際には遮光ゴーグルを装着することになっています。

ゴーグルを着用する以上、目の周りの部分に関しては物理的に脱毛することができないというわけです。

目の周りのムダ毛処理する場所としては、やはり眉毛や眉間などになると思います。

眉をデザインしている人は、毛が伸びるたびに処理する必要もあり面倒だと感じているでしょう。

脱毛サロンでも眉の上部分に関しては脱毛して欲しい人気の部位となっています。

しかし、目にレーザーの光が入る可能性があるため、専用の脱毛装置がないところでは施術自体を断られることもあります。

脱毛サロンで使用されている脱毛装置は、レーザーの威力を弱める分、照射範囲が広くなっており、その分施術のスピードが速いのが特徴です。

しかし細かい部分では照射範囲が広いと、うまく施術ができないので最初からお断りされるわけです。

その点、脱毛クリニックのレーザー脱毛はピンポイントでの照射も可能ですので、眉の脱毛も対応していることが多いです。

脱毛しているとつい脱毛機が気になってしまう人ともいると思いますが、くれぐれもレーザーの光には注意してくださいね。

脱毛サロンでもデリケートなお顔に関しては脱毛できない場所はあります。

もし希望があるのであれば、契約の際に細かい部分まで相談しておきましょう!

脱毛後のお手入れに最も最適なのは保湿!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

夏に向けて努力しておきたいことのひとつに脱毛が挙げられます。

露出の多い服装や水着、浴衣など女性にとっては異性の目も気になりますし、油断はできません。

必死に自宅で自己処理に励む人、今年こそ脱毛サロンでムダ毛をなくそうと決意した人、いろいろいらっしゃると思います。

脱毛してキレイな肌になることは、大人の女性のエチケットであり、憧れでもありますよね。

しかしどんな方法で脱毛した人でも、脱毛した後のお手入れを怠るとキレイになるはずが逆に見せられない肌になることもあるのです。

例えば脱毛サロンで脱毛した後のお肌は、強い刺激を受けてデリケートな状態になっています。

その状態で日焼けをした場合、さらにお肌にダメージを受けて毛穴やお肌が炎症を起こすこともあります。

もちろん自己処理の場合もお肌は痛んだ状態になっていますので、同様に日焼けはNGです。

日焼け対策と言えば、UVケアグッズが活躍しますが、日焼け止めも成分をよく確認してから使いましょう。

まずは刺激成分が入っているものは避けてください。

夏の暑さを忘れるための清涼剤などが入っていると、ダメージを受けた肌が強い刺激を受けることになります。

また、UVカットの服も最近ではよく見かけますが、脱毛した個所を強く擦るのも良くありませんので、脱毛サロンへ行くときはゆったりとした服装をおススメします。

脱毛後に一番必要なお手入れは、何といっても保湿ケアを忘れてはいけません。

ムダ毛とは言いつつも、体毛には毛穴から分泌される皮脂をお肌に行き渡らせる働きがあるので、毛がなくなればお肌は乾燥しやすくなります。

脱毛サロンで脱毛した後は、お肌が熱を持っている状態ですので、しっかりと保湿ケアをしてお肌を休ませてあげましょう。

また保湿ケアに関しては脱毛当日だけではなく、普段からこまめに行うようにしてください。

先ほど説明した通り、ムダ毛のない肌はキレイになっていますが、その分乾燥しやすいのでいつもよりも水分補給が必要なのです。

せっかくツルツルのお肌を手に入れたのであれば、つやつやした状態をキープするためにも保湿ケアを頑張りましょう。

脱毛した後は保湿ケアを行う、脱毛女子の常識です!

脱毛というといまだに昔の針脱毛やレーザー脱毛を思い浮かべて、痛いんじゃないかと敬遠する人もいます。

現在は機械も脱毛技術も進歩しているので、光脱毛、レーザー脱毛はほとんど痛みを感じませんし、針脱毛もかなり改善はされています。

それでも部位によっては痛いことがあるのは事実です。

痛みに弱い人にとっては、やはり脱毛する上での障害となることでしょう。

もしどうしても痛みに耐えられないという人には、「ハイパースキン脱毛」をおススメします。

ハイパースキン脱毛とは、これまでの脱毛と違って痛みがないと言っても問題ないくらい刺激の少ない脱毛法なのです。

テレビ番組で取り上げられたこともあるハイパースキン脱毛ですが、実際に3歳の子供が寝ている間に脱毛することもできたほどです。

光脱毛やレーザー脱毛はレーザーの光で強い熱を発生させ、高温で毛根の細胞を焼き切るという手法を取っていますので、どうしても火傷の心配もあります。

火傷をしないにしても、施術の際の熱を「痛み」として感じてしまうのです。

ハイパースキン脱毛では、施術部分の温度は36℃前後と低温になっており、むしろあたたかくて気持ち良いくらいの熱しか発生しません。

ですから火傷の心配もなければ、寝ている子供も起きることなく脱毛できるのです。

また、3歳の子供に脱毛できるというところから分かるかもしれませんが、ハイパースキン脱毛は生えているムダ毛に作用する脱毛法ではありません。

実は毛穴の中でこれから生えようと準備している成長細胞に対して、選択的に反応する特殊な光を使うことで、毛のない子供でも脱毛が可能となっているのです。

体に生えているムダ毛は全体の3割程度といわれており、その他の7割は毛が生えておらず、毛穴の中で準備している状態なのです。

光脱毛やレーザー脱毛では、3割のムダ毛に対して処理をしていきますが、ハイパースキン脱毛では7割の毛穴に作用するため、効率よく脱毛することが可能というわけです。

痛みも少なく、施術期間も短くて済むハイパースキン脱毛なら、痛みに弱い人や怪我などが怖い人でも安心して脱毛できます。

どうしようと悩んでいるくらいなら、一度ハイパースキン脱毛を試してみてください。

デリケートなお顔のムダ毛、とても気になりますよね。

最近では脱毛サロンなどでも顔脱毛が流行っていますが、やっぱりお顔を傷つけてしまうのではないかと心配な人も多いと思います。

脱毛すれば便利なのは分かっていても、今一歩踏み切れないという人に試してほしい脱毛方法があります。

それは糸脱毛という脱毛法です。

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、原理としては本当に単純に糸を使ってムダ毛を引き抜くだけです。

2本の細い糸をクロスするように顔の上を滑らせて、ムダ毛を糸同士で挟み込むようにして、優しく引き抜くことができます。

元々台湾などが本場の糸脱毛ですが、日本でも実施できるところが増えています。

この糸脱毛の何が良いかというと、一つはお顔に全くダメージなく脱毛ができるというところです。

糸に絡まるようにして毛が抜けていくだけなので、レーザー脱毛や光脱毛のように火傷の心配はありません。

ニキビや毛穴の炎症も起きないので、安心して処理できます。

さらに糸脱毛には素晴らしいメリットがあります。

細い糸がお顔の上を滑る際に、微細な振動をお肌に加えながら施術を行うので、毛細血管の働きが活性化されるのです。

さらに毛穴の中の古い角質層も取り除いてくれるので、ムダ毛処理と一緒にお顔のマッサージをすることができます。

これによりムダ毛のないツルツルですべすべのお肌を手に入れることができるのです。

糸脱毛は、脱毛する人の肌質を問わないので、ニキビや吹き出物ができやすい人でも、オイリーなお肌の人も、乾燥肌や敏感肌の人も、キレイな肌にしてくれます。

それどころか、ニキビの解消にもオイリー肌や乾燥肌の解消にも一役買ってくれます。

老化が進んだお肌も、糸によるマッサージ効果で若返りの効果もある優れた脱毛法なのです。

もちろんムダ毛を引き抜くだけなので、残念ながらムダ毛はまた生えてきます。

しかし2?3週間程度はツルツルですべすべなお肌をキープできますので、エステ代わりに定期的に通えば、ムダ毛処理とともにキレイなお肌が手に入ります。

ちなみに海外式の糸脱毛はちょっと乱暴なところがあり、日本人の肌には合わないこともありますので、海外で試す際は気を付けてください。

日本で行われているものは、日本人の肌質に合わせたソフトな糸脱毛なので、日本式の糸脱毛を試してくださいね。

お顔のムダ毛が気になる人は、ぜひ一度糸脱毛を試してみてはいかがでしょうか。